トップ > 新規事業の用語集

用 語 集


擬似発起人

擬似発起人とは、株式会社設立時に募集設立を選択した際に適用される概念。定款に発起人の記載がないにもかかわらず、設立時発行株式の引き受けの募集に際し、株式会社の設立を賛助する旨記載(もしくはその承諾)したもの。擬似発起人は、発起人とみなされ、発起人と同様の責任を負わされる。(例:会社の成立時において、出資された財産の価額が不足しているときに、当該金額を払い込む義務)。





用語集目次

あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行 A - Z  

 

A - Z