トップ > 新規事業の用語集

用 語 集


発起人の義務

会社設立の登記がされるまでは、たとえ発起人が会社のために財産を取得したり、債権の支払い義務を負ったとしても、その効果は発起人に形式的には帰属する。すなわち、会社が設立しなかった場合には、当該設立に要した義務は、個人である発起人に帰属することになる。逆に、一旦会社が設立したならば、自動的に財産や債務などは、会社に移る。(なお、発起人が不動産を取得した場合、会社に対する移転登記は、会社の登記が完了した後に行う必要がある。





用語集目次

あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行 A - Z  

 

A - Z