トップ > 話題の商品 サービス分析 > ブランド品70%オフ ギルト・グループ日本上陸

話題の商品 サービス分析

ブランド品70%オフ ギルト・グループ日本上陸

ギルト・グループ(GILT GROUPE)は招待制ファミリーセールサイトで、ブランド品を市価の最大70%引きで買うことができます。2007年、NYから始まってアメリカ全土に広がっていき、今では会員数75万人、取り扱っているブランドは250以上あります。


正規ブランドから余剰在庫等を安く買い取っているため、ディスカウントをあまり行わないブランドの新品でも定価より安く買うことができます。
ブランド側としても生産しすぎてしまった在庫を買い取ってくれるのだからありがたいことですよね。

ちなみに事業開始2年目という創業時の売上高を比べてみると、アマゾンやグーグル、ヤフーなどを上回っているそうです。

そんなアメリカで売れに売れているギルト・グループが、3月12日、海外初進出の場として日本市場に参入してきました。

PRイベントでは山本モナさんが豪華なドレスで登場し、TVニュースでも大きく取り上げられていたのでご存知の方も多いと思います。


このギルト・グループ、ビジネスとして細かいところもきちんと設計されています。


ギルト・グループのルールその1

・招待制(会員制)
ギルト・グループのサイトは会員制ですが、招待されないと会員にはなれません。mixiと同じですね。
特別感、信頼感が増しますし、どんどん友人を招待したくなります。まだサイトがオープンして間もないこともあり、誰でも登録できますがこれは期間限定とのことです。

ギルト・グループのルールその2

・時間制限
セールで取り扱うのは1ブランドのみ。セールには時間制限があります。
また、商品を選んでから10分以内に決済しないと選んだ商品が取り消されてしまいます。
通販で高額な買い物というとハードルが高そうですが(洋服となればさらに)、「お買い得品を手に入れるなら今しかない!」と思わせて、クリックさせる。女性心理をうまくついた方法と言えますね。

ギルト・グループのルールその3

・返品
返品可能なのですが、返品後は現金が戻ってくるわけではなく、ポイントとして返されます。なので、またギルト・グループで商品を買うしかないんです。


日本での展開はまだまだ始まったばかり。
さて、ギルト・グループは日本でどこまで定着するのか。これからも注目していきたいところです。

エムアウト  高野公美子
    高野公美子