話題の商品 サービス分析

農業・食糧

■【セブン&アイHDが農業参入、生産法人を8月に設立】


流通最大手のセブン&アイHDが農業分野に参入したニュースです。

今までに流通だと阪急阪神グループも参入していましたが、いよいよ企業の農業参入が
本格化してきた感があります。流通業以外だと、外食のワタミや食品メーカーのかごめの農業経営が有名で、カゴメはすでに60億以上の売上をあげる規模になっています。
中国製ギョーザ中毒事件で、より一層の食の安全が問われる中で、生産から販売までを一貫して管理できるモデルの事業は今後ますます求められる気がします。

■【危機の連鎖:問われるサミット/2 食糧高騰】

もう1つも食に関するニュースです。こちらは食の安全ではなく、食糧不足と価格高騰について。
食糧のバイオ燃料への利用や新興国の需要拡大で、食糧が不足する流れは変わりそうにありません。流れが変わらない限り、世界中の余った投機マネーが穀物市場へ流れ込むのも止めようがないですね。
1960年代に「緑の革命」によって、食糧生産の飛躍的な向上があったように、今もまた食糧分野で新たな対応が求められているのではないでしょうか。

エ
ムアウト  西田耕太郎

西田耕太郎