起業に役立つ本 | 新規事業・成功の<教科書> | 起業の近道
トップ > 起業に役立つ本 > 新規事業・成功の<教科書>

起業に役立つ本

新規事業・成功の<教科書>

新規事業・成功の<教科書>
―200社以上に命を吹き込んだプロ中のプロが教える

著:坂本桂一


 企業の中における新規事業開発のあり方を分かりやすく解説している良書です。陥りやすい失敗パターンも豊富に記載されており、実際の仕事に近いリアリティのある内容となっています。

 ベースとなっている新規事業に対する考え方は、弊社の考え方と近いスタイルのように思います。ここで特に触れておきたいのは、「新規事業を生み出すプラットフォームをつくる」ことと「新規事業自体を立ち上げる」ことを明確に分けて考えるという視点が、「新規事業プロジェクト」にとって極めて重要になるという点です。つまり、新規事業担当として抜擢した人員に対して、継続的に新規事業を生み出す仕組みを構築することをミッションとするのか、或いは、自身が立ち上げメンバーとして新規事業を自ら創り出すという役割を期待するのかによって、実働部隊の受け止め方や動き方が大きく異なり、それによって結果もまったく違うものになってくるということです。これは、新規事業に取り組む際にも通常業務と同じようにゴール設定を明確にすべきである、という、実はごく当たり前のことではあるのですが、「新規事業」という言葉で一括りに語られてしまうことが多く、意外に気付きにくいポイントではないでしょうか。経験上も、これを最初にしっかり定義しておかないと、組織の方向性がブレてしまい、望ましい結果が出ないように思います。
また、新規事業の成功に再現性を持たせるために、起業プロセスを科学的に捉えて、事前の準備段階〜拡大成長フェーズへと必要な工程に分解して考えるという点なども、新規事業の成功を偶然の産物で終わらせたくない場合には、ヒントになる考え方だと思います。

更には、「部署間の調整・既存事業との兼ね合い」「意思決定の傾向」「組織の力学」といった、日々の仕事において非常にリアル且つ泥臭い面についても丁寧に述べられている点が、他の書籍ではあまり見られないところで非常に参考になると思います。これは、弊社のように新規事業開発のみを専門に行っている会社においてはあまり当てはまらない部分になりますが、世の中にはそのような会社はあまり存在せず、一般的には本業となる既存事業を持ちながらもその余力で新規事業を開発していくという企業内新規事業のスタイルが殆どだと思いますので、違和感なくイメージしていただける筈です。

 最後に、もし一点だけ付け加えるとするならば、本書の中では語られていないのですが、上記のような要素に加えて、人の「情熱」や「想い」、「チーム力」のような多少青臭い要素も掛け算で考えることが、実際に新規事業を成功させるには必要不可欠ではないか、と個人的には考えています。

新規事業に携わっている方、これから携わろうとしている方には、ぜひ姉妹編『新規事業がうまくいかない理由 ―「プロ」が教える成功法則』と併せて読んでいただければと思います。

【島田博典】